排水管の破裂による水漏れ

冬になると気温が下って排水管が凍結し、破裂することがあります。破裂するまででなくても、ヒビが入ればそこから水が漏れることになるでしょう。水道の蛇口をひねったときに、水がまったく出てこなければ、中が凍りついているおそれがあります。

■寒くて風が強いとき

排水管が凍結しやすいのは、寒くて風が強いときです。外気温がマイナス何度以上だから凍結しないということはなく、風が強い状態だと凍結する場合があります。雪の降る地方などは、雪が降りそうな日にも注意が必要です。毎日天気予報を見て、排水管が凍りつきそうな日には、タオルなどを巻いて寒さ対策を行いましょう。


■凍結を防ぐ方法

排水管の凍結を防ぐには、保温テープを巻いたり、水抜きをすることです。水抜きとは、水道の元栓を閉めて水をすべて出し切ることで凍結を防ぐ方法です。排水管の中に水がなければ、凍りません。夜間に水道の蛇口を少しだけゆるめて、チョロチョロと水を流しておく方法なども、明け方に気温が冷えこんだときの凍結を防ぐことができます。ほんのわずかな水漏れぐらいでは、水道代に大きな影響は出ないということです。

■まとめ
室内は暖かくても、浴室やトイレなどの水回りは冷えますから、排水管の凍結に気をつけることが大切です。寒くなる前に水抜きをしたり、タオルや保温テープを巻くことで排水管が凍るのを防ぐことができます。万が一排水管が破裂してしまった場合は、業者を呼んで水漏れ修理を行うことになるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ