排水管の水漏れが起こる兆候

排水管の水漏れが起こる兆候 ご家庭のトイレの構造とか、キッチンや浴室の排水管の中がどうなっているのか、疑問に思ったことはあるでしょうか。家の中だとしても、見えないところで起こっている異変については、意外に気づけないものです。毎日行っている炊事や洗濯などでちょっと気をつけるだけでも、異物がつまるのを防ぐことができる場合があります。キッチンなら食器を洗った後、浴室はお風呂に入った後、トイレは用を足した後に気をつけるだけで、排水管がつまるのを防ぐことができます。排水管の水漏れなどは、中に物がつまらないように掃除しておくだけで防ぐことができることも多いです。

■蛇口のしめすぎ

水漏れを防ごうとして蛇口を強くしめすぎると、コマパッキンなどの部品の劣化につながります。バルブがゆるむことでも水が漏れますが、ポタポタしたたり落ちない程度に適度な強さで蛇口をしめることが大切です。蛇口に使われているコマパッキンは消耗品ですから、長い間使っているとしだいにすり減ってきます。すり減ったら、交換する必要があります。交換するタイミングですが、水がポタポタしたたり落ちるのを見たら取り替えたほうが良いでしょう。コマパッキンを交換する程度であれば、自分で修理することもできるのではないでしょうか。水漏れには、自分で修理できるところとできないところがあります。修理するのに、時間がかかることもあります。自分できないところや時間がない場合などは、水道修理業者に任せましょう。

■排水口を掃除
キッチンやお風呂場などの排水口にゴミや汚れなどがたまっていると、排水管がつまる原因になります。排水口にゴミを流さない工夫をすることが大切です。排水口をキレイに掃除することで、排水管のつまりを防ぐことができるでしょう。トイレのつまりは、トイレットペーパーなどの異物がつまる場合があります。何がつまっているかは、排水管の中を見るまではわかりません。予想外のものがつまりの原因となっていることがあります。つまらせないように、家族が気をつけることが大切です。汚れのつまりを防ぐことができれば、部品の劣化を防ぐことにもつながります。排水口にゴミや汚れなどがたまらないように、フタをするグッズなども売られていますから、掃除の手間を省く工夫を行いましょう。排水管がつまってしまった場合は、洗浄剤を流しこむことでつまりを解消することもできます。

■異臭・異音がする

イヤなニオイや水が漏れる音などで、水漏れに気づけることがあります。イヤなニオイは、排水口などがつまることで発生します。排水管から水が流れなくなることで、水は行き場を失って漏れることになります。水が漏れる音は、仕事などで昼間外出しているときは気づくことができませんが、夜間の寝静まった頃にポタポタと水がしたたり落ちる音が聞こえたり、チョロチョロと家の中のどこかで水が流れる音がしますから耳をすまして聞いてみると分かることがあります。イヤなニオイや音に気づいたら、原因を探して掃除するか、修理することでニオイがなくなり、音がやみます。なんのニオイかわからない、どこからの音なのかまったく見当がつかない場合は、業者を呼んで点検してもらいましょう。

■まとめ
排水管にヒビが入って水漏れが起こった後だと、大きな修理や工事が必要になり、負担が多くなってしまいます。ヒビが入る前にメンテナンスを行うことで、長く使うことができるでしょう。異臭や異音がするというのは、最初に起こる兆候です。異臭を感じたらニオイが出ている排水管を掃除し、異音がしたときに業者を呼んでおけば、異常が出ている原因に気づけるかもしれません。同時に給湯器 修理を相談することも可能です。異常をそのまま放置せずに、前もって予防しようとする意識を持つことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース